TOPページサブリミナル効果とは

サブリミナル効果とは

江原啓之の人生相談を考える

サブリミナル効果について考えてみます。

よくサブリミナル効果というと映像のコマとコマの間にサブリミナル・メッセージを 織り込んで、この映像を見た人は実際には知覚はできないのですが、無意識下で 知覚されたメッセージによって行動を起こしてしまうといった例がありますよね。


またオーディオの場合でも、録音したメッセージを適切にマスキングしたものを
音楽などにかぶせることによって同じような効果が得られます。


このサブリミナル効果、どのような仕組みなのでしょうか?


人間の意識には顕在意識と潜在意識があります。
また、顕在意識と潜在意識の間のあいまいな境目のことを識閾(しきいき)と呼びます。


サブリミナル」とは直訳すると、「識閾より下の」という意味で、つまり識閾を含む
潜在意識のことを指します。

サブリミナル・メッセージによるマインド・コントロールの研究

サブリミナル・メッセージによるマインド・コントロールの研究は、
1950年代のアメリカで始まりました。

この仕組みを心理療法に用いると、音楽や自然音に、聴感上聞きとりにくい音量、
周波数、速度で適切なメッセージを挿入し、潜在意識に直接働きかけることによって
自然に行動や心理状態を変化させ、無理なくストレス解消、精神強化、集中力強化、
学力向上、慢性痛軽減化などのさまざまな効果を得ることができます。