TOPページ自律神経の働きを理解する

自律神経の働きを理解する

自律神経の働きを理解する

ストレスを感じるなぁという方は、神経系の働きについて知っておくといいですよ。 わたしもこの身体の仕組みを理解し、安心することができました。


身体の内部に異常はないのです。むしろ、正常なんです。


それでは、ちょっと堅い話しになってしまいますが、 あなたを安心させてくれますので、
お気軽にお読みください。


人体における中枢から末梢に向かう神経系は、2つの主要な部分から成り立っています。


1つは、随意神経系であり、もう1つは、不随意(自律)神経系と呼ばれるものです。


随意神経系とは

この神経系はわたしたちの手足、頭、胴体などの運動を司っているもので、
ある程度意志の力でこれを働かすことができるので、随意(運動)神経系
呼ばれます。


この神経系は、脳髄と脊髄およびそれから出る多数の神経(神経細胞と神経繊維)
から成り、その先端は、身体各部の筋肉に達し、それを支配しています。


自律神経系とは

ストレスに対する反応も含め、体内の諸器官の働きを支配し、
コンロトールしているのは内分泌線ですが、そのコントロール作用は、
情報伝達経路となる自律神経系の助けを得て行われます。


自律神経系の最高中枢は、脳の中の視床下部というところに位置し、
そこから情報は脳幹(中脳、橋髄、延髄)あるいは脊髄に伝達され、
さらに多数の神経を通って心臓、肺、腸、その他の内臓器官に及んでいます。


随意神経と違って、自律神経系は、意志の直接の支配下にはありません。
しかし、この自律神経系はわたしたちの情緒には敏感に反応します。


この点は、神経に関わるさまざまな症状を理解するうえで、非常に大切なポイントです。


こんな症状はありませんか?

自律神経の働きを理解する

たとえば、何かの原因で恐怖感に襲われると、顔面が蒼白となり、 瞳孔は開き、心臓は高鳴り、手に汗をかくといったことが起こります。


このような症状を意識的に行っているわけではなく、 よって自分の情緒を変える以外にストップをかける術はないのです。


このようなことから、この自律神経系のことを不随意神経系と呼ばれています。


この自律神経系には、交感神経副交感神経があります。
両者のうち、情緒により強く反応するのは、交感神経です。


交感神経はさまざまな危険(異常気温、水分の不足、敵の攻撃、
あらゆる形のストレス)に対する防御態勢を整えさせるという役割を持っています。


たとえば、動物が不意をつかれて驚くとき、まず凍てついたように静止し、
次の瞬間、一散に逃げていく。鼻孔と瞳孔は広がり、心臓の鼓動も呼吸も速くなります。


これは、交感神経が内分泌線と共に作用して動物を戦闘へあるいは逃走へと身構え
させるからです。


普段、わたしたちは身体のさまざまな働きをほとんど意識せずに生活しています。


副交感神経交感神経の働きを抑えてくれているからなんです。


腹を立てたり、恐れたり、興奮したりするとき、交感神経
副交感神経を上回り、内臓器官の異変を感じそれを意識するようになるのです。