TOPページ有酸素運動

有酸素運動で健康な身体になる

有酸素運動

「強靭な肉体に強靭な精神が宿る」とよく言いますね。


仕事が忙しい、時間がないなどと言って身体を動かさずにいると ストレスが発散できずに、悪いエネルギーが身体の中にどんどん 溜まっていってしまいます。


振り返ってみると、わたしも体調がおかしくなったのは、運動を止めてからです。


筋肉の量と心の健康は、ほぼ比例するそうです。
確かにマッチョな人が精神的な病に冒されているとはなかなか想像できないですよね。
医学的にも筋肉の刺激が脳に伝わることで心を元気にする脳内物質が
分泌されると証明されています。


何もマッチョになる必要はなく、適度に身体を動かしたり、筋力運動をすれば
いいそうですので気軽に身体を動かしましょう。


健康はエネルギーであり、人生の一瞬一瞬において、夢を実現させてくれる活力です。


いくらお金があっても、地位や名声があっても、
健康な身体を持っていなければ幸せになれません。


健康な身体が自然に生み出してくれる無限のエネルギーを持っていれば、
どんな夢でも可能になり、どんな目標でも現実味を帯びてくるでしょう。


健康に関する論説を検証するための3つのルール

有酸素運動


健康に関する論説を検証するには、3つのルールがあります。







まず第一のルールは十分な研究によって裏づけされているかどうかを 確認すること。


第二のルールは、十分な研究がなされている場合、論理の飛躍がないか どうかを確認すること。


そして、第三のルールは、十分な研究がされていて論理が通っていた場合、 代償よりも恩恵の方が十分に大きいかどうかを考えます。


たとえば、
キャベツだけを食べ続けていれば、寿命が1年延びる という人がいたとして、
論理と研究が健全なものだとしても この考え方を実行するでしょうか?


しないですよね。


期待している効果に対して、払わなければならない代償が
大きすぎますのでね。


しかし、代償よりも恩恵の方がはるかに大きい機会はたくさんあるのです。


1回30分、週3回、無理のない運動(有酸素運動)をするだけで、
『ガンにかかる確率が85%下がり、自信がつき、エネルギーが高まり、 心臓病が予防され、健康的で魅力的な身体になり、肥満を防ぎ、 糖尿病になる確率が著しく低下し、性生活もより豊かになる』
と 聞かされれば、実行に移すのではないでしょうか。


自分の健康に関する一番の専門家は自分だと言うことを知り、
今も健康には細心の注意を払っています。

健康を維持する4つの鍵

健康になる、健康を維持するための4つの鍵をご紹介しましょう。

有酸素運動で酸素吸収能力を高める。

■過剰不可をかけることによって筋力を強める

■最高の栄養を摂る

■毒を避ける