TOPページ催眠療法(ヒプノセラピー)

催眠療法(ヒプノセラピー)とは

江原啓之の人生相談を考える

催眠療法は、人工的に催眠状態を創り出し、深いリラックスと集中力を引き出し、 潜在意識に直接プラスのイメージを送り込んで行きます。







わたしは催眠療法と催眠術を同じようものと考えていました。


催眠術とは、テレビで芸能人がアヒルになったり、にわとりになったりする
エンタテイナー的要素があるものです。


あんなことはあくまでもショーであり、自分には関係ないものだと
思っていたのですが、実はあれは催眠術師があれこれ指示を出して強制的に
やらせているのではなく、催眠を掛けられている人がこの程度ならやっても
いいかなっていうことで、顕在意識が働いている状態で行っていると
いうことが分かりました。


それでは、催眠なんて自分には関係のない
オカルト的なものということで無視してしまってよいのでしょうか?


わたしも以前から催眠療法に関心がなかったわけではありません。
ただ料金が気になっていたのです。
前金10万円とか20万円とか効果がなくても返金はありません。
とか書かれているではありませんか?


確実に効果があるというのであれば、
20万円でも30万円でも出しますが、それで効果がなかったら、
自分の弱みを握られて悪用されたらどうしようかと不安になったものです。

潜在意識を認識する

江原啓之の人生相談を考える

ここで1つ試してみてください。


目をつぶって、目の前にある梅干を想像してください。 シソの葉が絡まったいかにもすっぱそうな梅干を一気に口の中に入れ、 なかでぐにゅーっとつぶします。



この場面を想像してみてください。


どうでしょうか?


あなたの口の中、体の感覚、気持ち、何か反応したものはないでしょうか。


唾液が出たのではないしょうか?
もし少しでも、あなた自身がこの想像でなにかしら反応したとしたら、
それは現実の梅干が引き起こした事ではなく、
あなたの想像が引き起こしたことだと理解できるでしょう。


ここでは2つのことを体験できます。
潜在意識に刻まれた自分の梅干に対する行動がどういったものか、
そして想像することにより、身体に変化を引き起こすことができると いうことです。


催眠療法はこの理論を用いています。


梅干を想像して引き起こされる現実。
これを今あなたが求めている事柄に当てはめて考えてみてください。


もしあなたが求めていることという現実を引き起こす想像の引き金が
あったとしたらどうでしょうか。

催眠療法によって効果が期待される症状

催眠療法によって良い効果が期待されるものには以下のようなことがあります。

 ・対人関係の改善

 ・対人恐怖、親子関係、職場での人間関係、手足の震え、どもり

 ・習慣や癖の除去・改善

 ・喫煙、食に関する問題、あがり性、過度の緊張、よい習慣の獲得

 ・心身の悩みの解消

 ・不眠症、偏頭痛、倦怠感、ダイエット、不安、恐れ、パニック

 ・性格・自己イメージの改善
 ・自己イメージの改善、積極性の獲得、自己の開発と発見

 ・能力の開発

 ・潜在能力、スポーツ能力、集中力、学習能力、やる気の向上、交渉能力、
  新しい発想、コミュニケーション能力、イメージトレーニング

 ・自己コントロール

 ・ストレスの軽減と対処、痛みのコントロール

 ・自己探求

 ・人生の目的、人生の方向性、抱える問題の意味を探る